医療機関の防犯対策

医療機関では様々なトラブルが起こりえます。基本的に出入りが自由な為、しっかりとした対策が必要となります。

厳重な対策が必要

病院内には多くの顧客情報や薬品などが保管されています。病院という場所は、不特定多数の人が出入りしている為、カルテや薬品の紛失などに対して、厳重な対策をとる必要があります。

院内全体の人の流れを1箇所で把握する必要がある為、カメラの設置場所も重要になります。最近のカメラは、遠隔操作でカメラの方向を変えることができるタイプもあります。

体温管理

不特定多数の来院する方々に対して、正確かつ迅速に体温を測ることができるカメラがあります。カメラの前を通り過ぎるだけで体温測定が可能となります。

職員に対しても、顔自動認識システム対応のカメラを導入することで、職員一人一人の体温測定と日々の結果を自動的に保存することができるシステムもあります。

閉じる